看護師とさまざな人間関係

看護師は患者、医師、同僚看護師、ケースワーカーなど多種多様な人間関係を有しそれぞれに応じて的確な対応を行なわなければなりません。従ってまず人間と触れ合うことが好きでどのようなタイプの人間に対しても柔軟に溶け込んで行ける人物が好ましいと言えるでしょう。医師に対しては常に尊敬の念を持ち指示を正確に実行する姿勢が必要です。医療に関しては何と言っても医師の診断が絶対です。自分の意見を述べることは有っても良いと思いますが最終的には医師の判断に従う謙虚な気持ちが大事です。
看護師にとって患者は最も接する機会が多くそれだけに難かしい存在でもあります。患者の性格はそれこそ百人百様で素直に治療や投薬、処置に応ずる人もいればあらゆるわがままを駆使して抵抗する患者もいます。人間の扱いには特訓を受け免疫の出来た看護師でもひどい悪態をつかれて涙することもあります。特に老人は自制心が段々薄れてきているので手を焼くことが多いようです。患者に理屈は通用しません。あらゆる手段を駆使して気持ちを引きよせる技術がものを言います。
同僚看護師との関係も大切です。看護師はチームワークで行動しなくてはなりません。一人が突出した個人プレーに走ることもマイナスに作用しますし、極端に控えめで自分を出さないのも失格です。出るべきところと引くべきところを巧みに操作できる人が良きチームワークの牽引役となれるのではないでしょうか。ライバル意識や嫉妬は看護師の世界にも存在しますが患者のことを優先順位の第一に考え行動することが肝要です。

Leave a Reply